会社概要  お問合せ  Japanese(日本語)   English   Russian(Россия)   Chinese(中文)   特定商取引法に基づく表記        

旅世界.com

海外情報編 


ロシア人は意外と親日!?


  • ロシアってどんな国???

    ロシアと言えば多民族国家、そして世界最大の面積を持ち

    日本の約45倍の広さに

    人口 約141,90万人( 2009 )

    日本の人口よりやや多い程度です。

    80%が東スラブ系ですが。その他100を超える非スラブ系民族がいる。

    ロシアは目下出生率の低下、男性の平均寿命の短さが問題となっている。

    たびたびヴォッカなどの飲酒に関するニュースもよく耳にしますね。

    首都はモスクワ 

    大統領は ドミトリー・メドヴェージェフ

    首相は  ウラジーミル・プーチン

    通貨はルーブル、補助単位としてコペイカ

    ロシアの名の由来は、かってモンゴル帝国の時代にウクライナ、ベラルーシ

    からロシアにかけての一帯にルーシという国があり、征服者のモンゴルと強調

    しつつ領土を広げ、その後「偉大なルーシー」の権力を次いでいる事を誇る

    ようになり、その事が国家の名前の由来となっているとか。

    もうひとつ、東ローマ帝国の威信を受け継いだ説、モンゴル帝国の威信を

    受け継いだ説などがある。

     ハバロフスクの博物館前の坂道

  • ロシアは意外と親日?
    ロシア国家は別として日本大好きなロシア人。

    ロシアとロシア人について結構誤解があるのではないかとおもいます。

    私は現在44才、中学生の頃はアメリカを中心とする西側とソ連を中心とする
    東側で冷戦が繰り広げられている頃でした。

    その頃は漠然とですが、東西分断の象徴である壁は私の一生の上で取り除かれる
    事はないだろう。 まず私たちが生きている間に一般人である私たちが交流する
    事は夢でかなく、まるで宇宙人や月にでも行くような気もちでいました。

    その頃のロシア(ソ連)のイメージはただひたすら怖い国を想像するだけで、暴力的
    なイメージが強かったのです。

    ロシア教会への道


    やがてゴルバチョフのペレストロイカからついに今では自由に旅行ができるように様変わり
    しました。 本当にとても子供の頃には想像できなかった時代になりました。

    最初にソ連人とであったのは、19才の頃にオーストラリアで同じ職場( レストラン)
    で働いていた(アルバイト)のソ連人でした。
    正確にはウクライナ人で、私はウクラニアン、ゴルバチョフはウクラニアンよ。
    ジョーあなたがソ連にきたら私が案内してあげる。外国人が立ち入れない所もあるから
    あなた一人ではあぶないから、私が色々とつれていってあげると言われたものです。

    その頃の私はソ連は自由がないじゃないか。それに怖いといっては、エリザベス(通称)
    から、私を見てみなさい。自由にオーストラリアにきてるでしょ。

    ねえ、私をバイクに乗せてよ。 


    競技場付近の公園


    だめ、僕のバイクには重すぎる! ( 今考えても大変失礼な事を言いました 苦笑 )

    ロシア、ウクライナ、ルーマニアと沢山の人(女性)が日本にくるようになり、またインターネット
    でたくさんの人と会話ができるようになり、本当に不思議な世の中です。

    実際にロシアに行ってみた。

    行く前はドキドキですよね、なんだか怖いイメージが焼き付いているし、大丈夫かな
    無事に帰ってこれるのだろうか。

    で実際に二度ほど行ってみました。(極東)
    只今サンクトおよびモスクワ方面の現地視察予定。(後ご期待)

    飛行機にのりこむとうーんさすがにツポレフはロシアらしい。なんだか昔の新幹線のようだ。
    あたりを見渡すと、ロシア語が飛び交いうーんロシアつぽいなあ。。。
    でも、鉄製と強化プラスティックの違いはあるが、飛行機は問題ないだろう。

    原理は。。。同じ。。。


    いざディスコへ



    機能としては問題なさそうだなあ。


    飛び立つ前にフライトアテンダントがアナウンス。。。
    つづいて機長が説明、時々パジャルースタと頻繁に耳に残る、きっとフォーマルなPlease
    の意味だろう。。。

    続いて、ロシアなまりッぽいフライトアテンダントの恰幅の良いおばちゃんが
    日本後でアナウンス。。。

    なんだかすごいね~と感動してます。


    なんだかかってのオーストラリアのようです。
    それにロシアって国はアメリカとおなじ多民族国家でその割には人種差別はより少ないように
    感じました。これって私だけでしょうか。 

    かって、大好きなオーストラリアでも、ほとんどは日本人でかんげいされたがメルボルンだけは
    どうしょうもなかった。 地域差あり。シドニー、ブリスベンなどはおおむね大歓迎された。
    ただし中国人は差別されていた。


    ウクライナレストランにて


    ただメルボルンは好き嫌いが分かれていました。

    日本に働きに来ている女性とも親しくなり、東欧およびロシア女性ともなんどかデートをしたのですが。
    それぞれお国柄がでます。 東欧の女性はエネルギッシュで情熱的。
    ロシア女性は、なんだか現代の日本女性よりもひょっとしてあなた日本人?
    と聞きたくなるくらい感覚的に親近感を覚えました。

    個人差はあるのでしょうが、時間をきっちりまもり、控えめ、思慮深い。
    それと多分彼女たちの日本語を覚えるスピードの早さと正確な日本語への習得意欲。
    目をみはるものがあります。

    実際納豆が大好き、さしみだいすき、毎日味噌汁をのんでいる、、、などなど。
    今の日本人より日本人らしい生活をしている彼女たち。
    そして日本食をこよなく愛しています。

    さて、実際にロシアに到着。

    空港に到着後に出入国管理で、、、うーんやっぱ怖い。。。皆ぜんぜん笑わない。
    少しは笑ってほしい。 おまけに皆軍服っぽい制服。。。。

    なんか無言で尋問でもうけているような。。。
    早く通り過ぎたいなあ。。。

    ロシアに到着後にタクシーで観光、通訳のお姉さんと色々はなしをして
    日本に対するロシア人の印象はとてもよいものだと聞かされ驚く。
    とともに、な・なんだー。
    市内を走っている車、ほとんど日本車だられでないの。。。


    レストランから、酒場へ


    なんだか日本にいるような気持ちがします。
    入国前は-20度と聞かされていたので、こごえて死んでしまわないように服を詰め込んだ
    のですが。ホテルに到着後、部屋の暖かさに驚きました。
    また、扉が二重になっていて、かつセントラルヒーティング。。。

    なんでもスチームが発電所からパイプラインで地域の暖房としてきているとの事。

    これって逆にすごいよ。

    とても快適で、日本のわが熊本のアパートの寒い事・寒い事。。。。
    さて、だんだんとおなかもへり。いざーレストランへ。

    料理はボルシチなどとても日本人の口に合う料理でした。
    なんだか、日本人と味覚が似ているように感じたのは私だけでしょうか。

     


    少なくとも、私にはイタリアよりは食事はおいしかったと思います。

    どこにいってももの珍しそうに周りからはみられるが。特に問題はなく逆にレストランなど
    でも愛想よく応対してもらえ楽しく過ごす事ができた。

    途中で現地の警察官のグループと一緒に写真をとったり。

    また、夜はディスコにくりだすと現地の若者がどこからきたの?
    で日本人というと、熱烈歓迎してくれました。

    少々お酒がすぎたようで、この若者は周りのありとあらゆるロシア人を強引に
    つれてきては私たちと一緒に踊らせました。

    途中で写真を撮っていると、きれいな女性があなた日本人ですか。
    と日本語で話しかけてきた。
    いろいろ話していたが、ガイドの女性が心配しジョーさんだめです。
    と注意する。


    酒場の日本製ミニボトル


    あなたのガールフレンドやきもちね。
    一緒にのみましよ。
    少し心をひかれたが、一杯だけのんで後はノーと断る。

    この途中でロシアのガイドさんがこの強引なロシア人の男性にくどかれ困って
    いるようだったので、大丈夫ですか? とたずね。
    大丈夫と返事してくれたのですが、あいかわらずからんでいたので。

    彼女と男性の間に強引にわりこんで、男性の話し相手になりました。
    それがあったからでしょうか。

    その後帰宅途中でガイドの女性の方から腕をくんできたので一緒に腕をくみながら
    いろいろ話しをしました。

    そして、ホテルへ帰るタクシーをまっていたところへ、ポルシェがすーっと駐車
    なんだか店のオーナーのようだ。。。


    スーパードライ強し


    しばらくしてこのポルシェまたもどってきて私たちの所で停車。

    車から降りてきて、ロシア語でなにやらガイドさんに話しかける。
    どうやら日本人かどうかを聞いていたらしい。

    で、日本人とわかると「ようこそ日本の方々」と握手を求められた。
    悪い気はしないのとてれくさいが、手を差し出し握手する。

    その翌日ショッピングセンターへいき、ふとタバコのライターがない事にきづき。
    いろんな人に英語ではなしかけるがまつたく通じない、やはり通訳の人がい
    ないとどうする事もできない。

    とりあえず、タバコ,シガレットで場所は教えてはもらえたが。。。

    無事買い物を終えガイドさんと話しをしていると、この洗剤はどうですか。点
    とっても安全なのですよね、この歯磨き粉はどうですか。

    なんと見ると日本の洗剤や歯磨き粉石鹸などが日本語のままそのままの
    表示で売られている。

    えー。思わず目が。。。驚く。。。
    普通のショッピングセンターですよね。
    日本専門店でないですよね。

    ガイドさんいわく、日本のものはすばらしい。
    日本のものは安全と思われているとの事。

    もちろん値段も他の製品にくらべかなり割高、日本のなしやリンゴも売られて
    いたが、値段は数倍していた。

    どれがよいか教えてください。今度からそれを使います。
    そう聞かれても。。。でも日本製はどれも良いですよととりあえず返事。

    安心したようです。
    私は日本では車などはドイツ製なども人気があるというと、なぜですか
    日本製が一番最高ですと返事。

    たしかに東欧の女性と話していても、盲目的にほぼ日本製最高!!!
    まるで信者のような返事がかえってくる。

    た・たしかに、実用性としては世界最高である事はま間違いない。。。
    と思われるのですが。

    遊びの要素がもう少し欲しい。。。

    あらためて日本製品のパワーに圧倒される。

    ロシア女性とメールをしていると、日本人はロシアに悪いイメージをもって
    いるのではないかと質問がくる。

    怖いイメージがあると答えるが、人それぞれで今の日本はそんなに排他
    的ではないし、日本人は他の国の人を差別しないし、ちゃんとした民度
    を保っているので心配ないと答えています。


    ロシアのボーリング場で、いざ勝負!


    幸い、私の周りには直接ロシアと大戦中に対峙した人がいない事があり
    父も最後の神風でアメリカの軍艦に体当たり寸前で、終戦でしたので
    最後のカミカゼだった父も、個人的にアメリカ人が嫌いなどいった事もなく
    外人をつれて実家に帰っても今は楽しく一緒に食事ができる事などを説明
    したりしています。

    ロシアについて、いままでのイメージはプロレスでいうヒール役(悪役)で通って
    いましたので、なにかにつけて怖いイメージ、悪役のイメージがあるのでは
    ないかと思います。

    でも、プーチンは柔道が大好きで崇拝しており、尊敬しているということはとても
    すごい事ではないかと思います。
    ある意味フランスの元シラク大統領、プーチンさんと日本を少しでも理解して
    くださるトップが存在する意義は決して日本にとっても小さな事でなく、国益の
    上でも大変大きな存在で大切にしてほしいと思うのですが。


    また、一般のロシア人の日本人に対する感覚もイメージよりはきっとピックり
    するぐらい日本に興味があったりではないでしょか。
    (まあ、個人差はあるでしょうが)

    国や政府の場合はどの国も国益第一ですから、しょうがないとわりきり、でも
    個人レベルではお付き合いしたいとおもいます。

    日本も国益をもっと考えて主張してもよいとおもいますが。
    逆にあまり毒がない国家だから世界に受け入れられるかもしれませんが。

    少し違う視点から見てみると、ひょっとしたらまた違うその国の国民や国家
    がみえて友好につながるかもしれませんね。



         ▽ ▽ ▽
      「ドリッピー」は英語で苦しむ受験生を救う!
      
 

戻る

記事一覧










Copyright (C) 2010 Japan International Tourism Corp. All Right Reserved.